単身引っ越しガイド|安く引っ越すための料金相場把握法

引越しを近場で行う時の料金をさらに格安に

近距離の引っ越しというのは、移動時間が短いだけではなく高速代やガソリン代が不要であるため、引っ越し料金が格安になります。
引っ越し業者に依頼をするとしても、かなり高額になるということはないようです。

 

ただ、それ以上に料金を安くしたいという人もいるでしょう。
その方法はできるだけ荷物の量を減らすという方法になります。

 

近距離の引っ越しの場合には、自分の車に荷物を乗せて運ぶ事ができます。
1キロ県内などに引っ越しをするという近距離の場合であれば、何回か
車で往復をしてもストレスを感じる距離ではないでしょう。

 

ですから自分で運ぶことが出来るものに関しては自分で運んでしまって、自分で運ぶことが厳しい大型家具や家電のみを引っ越し業者に頼むとよいでしょう。

 

そして近距離の引っ越しの場合、プロの作業員ならばあっという間に大型家具や家電製品を運んでしまいます。

 

1キロ県内の近距離であれば、1時間ほどで作業が完了してしまうこともあります。
ですから午前のプランにこだわる必要はないと考えられます。

 

この時「フリービン」という引っ越し業者の都合のよい時間に引っ越しを行うというお得なコースがありますので、これを利用すると格安で引っ越しができるのです。

 

フリービンであれば、何時から引っ越しが始まるか分からないという欠点があるのですが、基本フリー便というのは夕方の作業が一般的だとされています。

 

近距離の引っ越しであれば、夕方から作業を始めたとしても夜遅くなる前に搬出も搬入も完了できますので、お得になるでしょう。

 

ある引っ越し業者はリーダーとスタッフが2名で作業に来てくれたそうです。
重たいものを簡単に運んであっという間に部屋の中につんであったダンボールがなくなったそうです。

 

梱包も素早く作業が進んだそうですし、引っ越し先でも短時間で搬入が完了したそうです。

引越しを近場で行う場合、冷蔵庫は引っ越し会社に依頼

引っ越しの料金というのは苦ににより、大まかなガイドラインが定められているそうです。
この料金は作業をするトラックの大きさと作業人数で基本料金が決まって、引越しをする距離によって大きく変わるそうです。

 

引っ越しの距離を変更することはできなくても、近場であったり自分の車を利用して自分で運べる荷物は自分で運び、大きな荷物だけを引っ越し業者に依頼することで、トラックの大きさをなるべく抑えることが出来ます。
そうすることで基本料金を抑えることが出来るのではないでしょうか。

 

引っ越し業者によって、スケジュールの都合などから小さなトラックが用意できるかどうかについても料金に差が出てきます。

 

ここで「ミニ引越し」というものが出てくるのですが、ミニ引っ越しは荷物をコンパクトにまとめて同じ量であっても小さなトラックで運ぶことが出来るようにするのが
基本料金を抑えるポイントになるのです。

 

このミニ引っ越しをおすすめできるのは、少ない荷物しかないのに通常の引っ越し料金を支払うのはもったいないと考えている人、そしてほとんどの荷物を自分で運ぶので冷蔵庫や洗濯機などといった大きな荷物だけを引っ越し業者に依頼したいと考えている人におすすめとなります。

 

引っ越し業者が使うトラックが小さければ小さいほど基本料金が安くなりますから、荷物はなるべくコンパクトにまとめることが大切になります。

 

まず運んでもらう荷物を選んで優先付けるということが必要です。
自分で運ぶことが出来ない荷物から優先的に依頼するものを決めていくというものです。

 

そしてダンボールはなるべく大きなものを選ぶということです。
ダンボールの大きさもそろえることが大切です。
これはダンボールが小さければ運搬回数が増えて時間がかかってしまい、費用が増えてしまう可能性があります。

単身引越しを近場で行う場合の料金

単身の引っ越しを自分の力で済ませようと考えている人、そして引っ越し業者に依頼をすることを考えている人も、安く、しかも楽に済ませられるという自分に合った単身の引っ越し方法を改めて考えることが必要です。

 

安く済ませることが出来る引越しの方法は、レンタカーを借りて自分で引っ越しをするという方法、そして赤帽などという軽貨物運送を利用しての引っ越しを行う方法、引っ越し業者に依頼をして引っ越しを行う方法があげられます。

 

「引っ越し業者に依頼をすると値段が高くなりそう」というイメージがありますが、引っ越し業者によってはレンタカーでの引っ越しや赤帽の引っ越しよりも料金が安くなるか同じくらいの値段になる場合があるようです。

 

費用や手間、労力やトラブルなどを考えた上で判断をすると、引っ越し業者に依頼することが単身の引っ越しに対してよい選択になるのですが、引っ越し業者によって料金が変わります。

 

近距離の引っ越しであっても料金の差は40000円以上にもなるそうです。

 

ただ、100キロを超える長距離ではなく少しトラックを運転する時間が変わるというだけで引っ越し業者の作業員の労力というものは変わらないのです。

 

近所であっても距離が10キロ、30キロであっても、引っ越し料金の相場というのは変わらないのです。

 

2トントラックに積み込める荷物の量ならば安いところで2万円から3万円という料金に、そして高いところでは4万円から6万円となります。

 

相場としては3万円と言われていますが、作業員2名がついて16000円という相場の半額近くで引っ越しができるといった格安の引っ越し業者も多くあるのです。

 

注意をしなければならないことは、料金が安い引越し会社ならばどこでもよいということではありません。
慎重に選ぶことが何よりも大切になります。

プルーンの効果

プルーンを食べると便秘が解消されるというのはよく聞く話です。それではなぜプルーンが便秘に効果があるかというと、プルーンは大変多くの食物繊維 を含んでいるため、胃腸の働きを良くする事は言うまでもありません。その他にソルビトールという成分が含まれていて、これはほぼ下剤に近いくらいの効果を発揮する成分なのだそうです。

 

ソルビトールは、人間がもともと持っている生理作用、お腹が緩くなって便が出るという作用を促進させてくれる働きがあるのです。そのため、いくらルーンが便秘に良いといっても食べ過ぎると下痢になる可能性がありますので、1日1個か2個にしておくのが良いでしょう。

 

また、プルーンには多くの鉄分が含まれていますので、頭痛の時にも効果があるようです。多くの頭痛の原因は、鉄分が不足する事で起こりますので、プルーンを食べて鉄分を補給してあげれば頭痛も解消されるはずです。

 

生のプルーンを食べるのも良いですが、スーパーマーケット等でも売られている乾物のプルーンは、生のプルーンの3倍の食物繊維が含まれているという事なので、一層効果が期待できそうです。

 

プルーンは健康のための栄養がいっぱい!

私の健康維持に欠かせない食べ物がプルーンです。幸いな事に義父母が趣味でやっている菜園にプルーンの木があり、毎年かごに入れてどっさりもらって来ます。

 

プルーンの栄養素の中には便秘、貧血、はたまたがん予防にまで効果のあるものが含まれていると言います。まずプルーンに含まれているソルビトールという栄養素は、ほとんど下剤と同じような働きをするために便秘解消に役立ちます。また、鉄分が大変多く含まれているので、貧血に効果があると言われています。

 

鉄分は、通常たくさんとっても体に吸収されるのは約10分の1程度だと言われています。プルーンにはその鉄分の吸収を助け造血作用を促すビタミンEも含まれているので、同時に摂取する事ができ、鉄分の体への吸収を助けます。

 

そして、最近注目されているのが、今話題のポリフェノールが活性酵素の抑制をしてくれるために、がんなどを始め様々な重い病気の予防になると言われています。

 

このように、プルーンには体を健康に保つために必要な栄養素がぎっしり詰まっているのです。毎日美味しく食べていつまでも健康でいたいものです。

プルーンの鉄分

プルーンには大変多くの鉄分が含まれていると言います。そのため、貧血等にも高い効果を示します。どちらかというとプルーンは、便秘解消や宿便取りなどに効果があるという方が一般的に知られている事ですが、貧血解消にも役立つのです。

 

その証拠に欧米諸国の病院などでは、鉄分が不足しがちで補給が必要な妊婦、もしくは、手術後の患者さんで、鉄分を必要としている人、造血作用が必要な人などにプルーンを食べさせているそうです。

 

鉄分は、多く摂取しても体に吸収されずらいミネラルの一種ですが、プルーンの場合には、プルーンに含まれているビタミンEが鉄分の吸収を助け、また造血作用を促すために、プルーンを食べるとより多くの鉄分が体の中に吸収されるという事になります。

 

貧血気味の方は、1日に10個程度のプルーンを食べると効果があると言いますが、正直、1日10個プルーンを食べるというのは簡単ではありませんよね。そこでお勧めなのが、乾燥状態で売られているプルーンです。

 

食物繊維やビタミン等の栄養素が凝縮されているので、1日3個程度で生のプルーン10個程度の栄養素を摂取できる事になるそうです。